記事終わり下2面広告

キャプチャ画像

カスタムテンプレート【Volar】では、
広告コードを貼るだけで表示可能な広告掲載エリアを複数用意してます。

 

ここでは記事終わり下2面並列で表示可能な広告エリアの設定についてご紹介します。

 

あまり広告をベタベタ貼るとサイト訪問者が嫌がる傾向があります。

 

収益見込みの多い場所を厳選してほどほどにしておくのがベストです。


収益力の高い記事下広告

記事最下部にフリースペース6(サブメニュー・下段)を利用して
2面並列広告表示が可能なひな形をご用意しました。

フリースペース6にひな形となるコードが入力済みです。
あとは広告コードを入れるだけ。

 

エントリーページのみの表示に設定してあります。

 

サイズは横幅300px(×250px等)固定の広告を左右に並べる仕様になってます。

(※SIRIUSのレイアウト枠機能をそのまま使おうとしたのですが、いろいろ支障が出そうなのでオリジナルのレイアウト枠にしてあります)

 

しかしながらこれをiPhone(スマホ)で見た場合は広告が縦に並んで
iPhone(スマホ)の画面全部が2つの広告で埋まってしまいます。

 

もしもどちらもアドセンス広告だった場合は
『1つのスマホ画面に2つの広告ユニットを表示させる』規約違反になりかねません。

 

最近ではこの規約が撤廃されたという話もチラホラ聞きますが(※未確認)、いずれにしてもちっちゃな画面が広告だけで埋まってしまうのは訪問者の利便性を大きく損ないます。

 

そこでカスタムテンプレート【Volar】ではスマホ(&タブレット)表示時は左側の広告枠を非表示にするという設定をデフォルトで付けてます。

(右側に変えることもできます)

iPad(タブレット)は画面サイズの関係でiPhone(スマホ)同様、片側のみの表示にしてあります。

当サイトでは確認用に実際に記事終わり下に広告を表示させてます。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

(※「SIRIUSでホームページ作成」という姉妹サイトの専用ページが開きます)
 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替