【Volar】独自の囲み枠

SIRIUS標準の囲み枠

先にSIRIUS標準の囲み枠です。

(※テキスト例文は川端康成著『伊豆の踊子』冒頭部分から引用)

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)とあるのは、カスタムテンプレート【Volar】側で新たに設定した文字数に応じて横幅が縮まるバージョンです。

 

”文字数が少ないのに囲み枠だけ横幅いっぱいに広がってスカスカで気持ち悪い”なんてときにお使いください。

 

ただしPCブラウザでのみ有効で、iPad(タブレット)やiPhone(スマホ)ではSIRIUSデフォルト同様、画面幅いっぱいに広がるようになってます。

 

SIRIUSのアイコンクリックで自動で書き込まれたクラス名の後ろに”_s”と付ければショートバージョンに変えられます。

 

通常枠

デフォルト

<div class="nmlbox">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="nmlbox_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

通常枠(灰色背景)

デフォルト

<div class="nmlbox graybg">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="nmlbox_s graybg">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

点線枠

デフォルト

<div class="dottbox">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="dottbox_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

点線枠(灰色背景)

デフォルト

<div class="dottbox graybg">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="dottbox_s graybg">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

灰色背景

デフォルト

<div class="graybg">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="graybg_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

黄色背景

デフォルト

<div class="ylwbox">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="ylwbox_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

角丸枠1(灰色線+灰色背景)

デフォルト

<div class="rnd1 rbox1">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="rnd1_s rbox1">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

角丸枠2(オレンジ太線)

デフォルト

<div class="rnd1 rbox2">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="rnd1_s rbox2">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

角丸枠3(シャドウ枠)

デフォルト

<div class="rnd1 rbox3 shadow2">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="rnd1_s rbox3 shadow2">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

角丸枠4(灰色背景)

デフォルト

<div class="rnd1 rbox4">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="rnd1_s rbox4">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

角丸枠5(灰色線+灰色背景+シャドウ)

デフォルト

<div class="nd1 rbox1 shadow1">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

【Volar】追加分(ショートバージョン)

<div class="nd1_s rbox1 shadow1">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

【Volar】オリジナル囲み枠

以下、カスタムテンプレート【Volar】独自の囲み枠をご紹介します。

こちらはアイコンをクリックして一発入力というわけにはいかないので、よく使うモノに関しては文字装飾クラスの設定などにクラスを登録してご利用ください。

 

『文字装飾設定』についてはこちら↓の記事にまとめてあります。

SIRIUS(シリウス)の文字装飾設定 - SIRIUSでホームページ作成

SIRIUS(シリウス)の文字装飾設定をご紹介します。

 

『クラスの設定』についてはこちら↓の記事にまとめてあります。

SIRIUS(シリウス)のクラスの設定 - SIRIUSでホームページ作成

SIRIUS(シリウス)のクラスの設定の使い方をご紹介します。

 

角丸枠2(ベースカラーバージョン)

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_kadomaru">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_kadomaru_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

二重枠

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_double">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_double_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

布風(背景ブルー)

デフォルト

<div class="kakomi_nuno_blue">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_nuno_blue_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

布風(背景ピンク)

デフォルト

<div class="kakomi_nuno_pink">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_nuno_pink_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

布風(背景イエロー)

デフォルト

<div class="kakomi_nuno_yellow">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_nuno_yellow_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

布風(背景オレンジ)

デフォルト

<div class="kakomi_nuno_orange">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_nuno_orange_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

布風(背景グレー)

デフォルト

<div class="kakomi_nuno_gray">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_nuno_gray_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

重なり線

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_kousa">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_kousa_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

タイトル付き1

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_title1">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_title1_s">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

タイトル付き2

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_title2">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_title2_s">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

タイトル付き3

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_title3">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_3_s">(※内容)</div>

ここに注目!

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

破線(灰色背景)

※サイトカラーと連動

デフォルト

<div class="kakomi_hasen">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_hasen_s">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

付箋

※ショートバージョンのみ

<div class="fusen_yellow">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_pink">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_red">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_blue">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_green">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_cyan">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

<div class="fusen_orange">(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

和紙風

デフォルト

<div class="kakomi_paper">

<p style="margin-bottom:1em;"><span class="tape"></span></p>(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_paper_s">

<p style="margin-bottom:1em;"><span class="tape"></span></p>(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ちぎったメモ用紙風

デフォルト

<div class="kakomi_memo">

<p style="margin-bottom:1em;"><span class="masktape"></span></p>(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

ショートバージョン

<div class="kakomi_memo_s">

<p style="margin-bottom:1em;"><span class="masktape"></span></p>(※内容)</div>

道がつづら折りになって、いよいよ天城峠が近づいたと思うころ、
雨足が杉の密林を白く染めながらすさまじい早さで麓からわたしを追って来た。

 

私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、
紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。

 

黒板風

デフォルト

<div class="kokuban">(※内容)</div>

囲みタイトル

ポイント1

 

ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2
ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2
ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2ポイント2
ポイント2

 

強調テキスト

  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる

 

ショートバージョン

<div class="kokuban_s">(※内容)</div>

強調テキスト

これは例文です。

 

これは例文です。

 

  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる
  • リスト形式もできる

 

引用

引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文。

 

引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文、引用文。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

(※「SIRIUSでホームページ作成」という姉妹サイトの専用ページが開きます)
 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替