フッターボックス

キャプチャ画像

SIRIUSのフッターには、テキストおよび画像によるリンクのフッターメニューが置けます。

(フッターとはページの本文エリアよりも下の領域のことを指します)

 

このフッターですが、画像が指定できると言ってもかなりシンプルなメニュー構成なため、融通がいいとは言えません。

 

キャプチャ画像

 

しかもそれほど目立ったレイアウトデザインでもないので、どちらかと言うとおまけ的な存在とも言えます。

 

サイト訪問者の目に留まる機会も少ないでしょうね、きっと。

 

キャプチャ画像

 

しかしながらフッターというエリアがもう少し目立っていたら、フッターというエリアに何らかの気になる情報が載っていたとしたら、記事を最後まで読んだあとに「ん?何のリンクだろう?」という気になるやもしれません。

 

それがもしも訪問者の知りたい情報であったなら、サイトを離れるというアクションを一旦やめて気になるページに立ち寄ることだってありえます。

 

カスタムテンプレート【Volar】ではそんな情報を表示可能なフッターボックスを新たに搭載してみました。

 

横幅いっぱいの1カラムタイプと段組み構成の3カラムタイプがあります。


フッターボックスの特長

カスタムテンプレート【Volar】のフッターボックスの特長は、以下のようなものになります。

  1. 横幅いっぱいに広がる1カラムタイプのフッターエリア
  2. 3つの段組みに分けられた3カラムタイプのフッターエリア
  3. 3カラムは高さが自動調整
  4. ベースカラーを使った枠ありパターンと枠なしタイプ

 

①&②に関しては、1カラムタイプか3カラムタイプを選べます。

 

③に関しては3つのフッターボックスの中で一番広いフッターボックスに合わせて他の2つのフッターボックスの高さが自動で揃います。

 

④に関しては枠(ボーダー)を使ったタイプと枠なしのタイプが選べます。

(スタイルシートで変更します)

 

3カラムタイプはiPhone(スマホ)とiPad(タブレット)では縦1列表示なります。

テキストだとわかりにくいので、デモ画面をご用意しました。

コチラ↓のボタンをクリックすると、(このページのみですが)『フッターボックス(1カラム)』を確認することができます。

フッターボックス(1カラム)

コチラ↓のボタンをクリックすると、(このページのみですが)『フッターボックス(3カラム)』を確認することができます。

※PCブラウザのみ有効なボタンです。iPhone(スマホ)では縦に3列で表示されます。

フッターボックス(3カラム)
※左から「プロフィール」「ASP広告」「オリジナル記事リスト」を載せてみました。
※左から「1枚画像」「人気記事の設定を使った記事リスト」「サイトマップ」を載せてみました。

 

フッターボックス・3カラムバージョンはPCブラウザのみの機能であり、iPhone(スマホ)やiPad(タブレット)では縦1列に3個表示されます。

 

PCブラウザでご覧になると、3カラムフッターボックスがご覧になれるボタンがここに表示されます。

 

下の方にある『PC版へ表示切替』ボタンをタップしても確認可能です。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

(※「SIRIUSでホームページ作成」という姉妹サイトの専用ページが開きます)
 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替