【Volar】修正後にブラウザでの表示が変わらない時の対処法

キャプチャ画像

カスタムテンプレート【Volar】の設定をカスタマイズ(修正)したのにブラウザ上での表示が変わらない時は、キャッシュが残っているか、SIRIUS側で修正データがきちんとアップロードされてなかったかのいずれかになります。

 

そんな時は以下のことをお試しください。


ブラウザ側での対策

Microsft EdgeやGoogle Chromeといったブラウザというのは、原則として一度表示したデータを(一時的に)記憶してます。

その一時記憶したデータのことを”キャッシュ”と呼びます。

 

通常ブラウザは初めてページを表示する時、サーバーにデータを読みに行きます。

 

しかし毎回毎回この作業をやってると時間がかかります。

 

そのため一度表示したページはキャッシュとして保存しておき、
再度そのページを表示する時は(読み込みに時間のかかる)サーバーではなく
キャッシュデータを表示するようになってます。

 

ページに変更がない場合はとても役に立つ技術なんですが、
サイトを修正する側からすれば実に余計な機能と言わざるを得ません。

 

そのためサイト修正時は、これからご紹介する”キャッシュのクリア”
修正部分を確認するクセを付けるといいでしょう。

 

ブラウザのリロード(再読込み)

キャッシュをクリアしながらデータを再読み込みする方法です。

 

Google Chrome

  • 【Ctrl+更新ボタン】クリック
  • 【Shift+更新ボタン】クリック
  • 【Ctrl+F5キー】押下
  • 【Shift+F5】押下

 

インターネットエクスプローラー(IE)

  • 【Ctrl+更新ボタン】クリック
  • 【Ctrl+F5キー】押下

 

FireFox

  • 【Shift+再読み込みボタン】クリック
  • 【Ctrl+F5キー】押下
  • 【Ctrl+Shift+Rキー】押下

 

マック

  • 【Command+R(もしくはCommand+shift+R)キー】押下

 

iPhone&Android

iPhone(スマホ)のキャッシュクリアはちょと面倒なので、予め表示させたいページのURLをコピーしておき、シークレットモード(新しいシークレットタブ)に切り替えてページURLを貼り付けて開くといいでしょう。

SIRIUS側での対策

タイプミス

キャッシュをクリアしてもブラウザの表示が変わらない場合はタイプミスが考えられます。

 

テンプレート本体スタイルシートは、カンマ(,)や半角スペースがわずか1個抜けてても正常に反映されない場合があります。

(”必ず”というわけでもないので余計に面倒です)

 

修正する場合は打ち間違えにご注意ください。

 

アップロードミス

キャッシュクリアもしたしタイプミスも確認したのにそれでも表示が変わらない場合は
アップロードミスが考えられます。

 

アップロードミスを防ぐ一番確実な方法は、(多少面倒くさいですが)以下の方法になります。

 

SIRIUSでサイト保存→サイト生成先を開き→全ファイル削除→その後サイト生成を実行→アップロード画面でアップロード先(サーバー)のファイルを全削除→すべてのファイルをアップロード→ブラウザをキャッシュクリアしながらサイトを開く。

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

(※「SIRIUSでホームページ作成」という姉妹サイトの専用ページが開きます)
 この記事をシェア 
キャプチャ画像

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替