※モバイル機器のみ作動→PC表示に切替 モバイル表示に切替

【Volar】に搭載されてるオリジナル機能に関してはデザインモードではなくデフォルトの編集画面でのご利用を前提としてます。

特に記載がない限り、ご紹介する機能は【Volar】及び【Volarデザイン】に共通搭載となります。

【Volar】の横幅は1160pxに拡大

キャプチャ画像

SIRIUSの新テンプレート(ver.1.5~)は、横幅がこれまでの900pxから1000pxに広げられてます。

 

それでもサイドメニュー(SIRIUS側では”メインメニュー”と呼ぶ)横幅300pxの広告を貼ると、広告タイプによっては一部はみ出してしまいます。

 

そこでSIRIUSテンプレート【Volar】では、昨今のモニターの高解像度化に伴い、横幅をさらに160px伸ばして1160pxに広げてあります。

テンプレートの方で横幅設定を完了させてるので、【テンプレート】→【テンプレートの横幅設定】で新たに設定する必要はありません。


ヘッダー画像自動拡大

【Volar】の横幅が1160pxになったことで、もしもSIRIUS側で用意されてる幅1000pxのヘッダー用画像を使用した場合は自動的に1160pxまで拡大されて表示されます。

(※縦横比同率拡大)

 

このうち元々の高さが低いヘッダー画像に関しては問題ないんですが、縦幅(高さ)がそこそこあるヘッダー画像だった場合は(高さ拡大により)ページを開いたときにヘッダー画像しか画面に表示されなくなるなんて可能性もありえます。

(※PC表示時のみですが)

 

解決策としては「高さのあるヘッダー画像は使わないこと」…っていうのはあまりに乱暴ですね。

 

もしもどうしても縦幅(高さ)のある画像を使いたいときは、画像加工ソフトなどで幅1160px固定、高さ250~300px程度にリサイズする必要があります。

 

このリサイズ作業ですが、SIRIUS付属のヘッダー画像作成ツールはやや使い勝手が悪いため画像編集ソフトの利用をおススメします。

 

画像編集ソフトは以前は高価なものが多く手が出しにくいものでしたが、最近は無料のソフトや安価な製品、さらには無料のオンライン画像編集ツールなども出てきてかなり敷居が低くなってます。

 

使い方もネットで検索すればいくらでもヒットするので使い方に困るということはないでしょう。

 

無料ソフトで有名なのはGIMPあたりでしょうか。

 

有料ソフトならAffinity Designerなんかがおススメです。

定期的にやってる50%OFFの時なんかに購入すれば3,000円程度で買えちゃいます。

 

無料のオンライン画像編集ツールであれば「オンライン 画像編集」とかのキーワードで検索してみてください。

「PIXLR EDITOR」や「befunky」や「Fotor」「Canva」などが比較的有名です。

(オンラインツールは英語版が多いですが簡単な編集作業であればさほど難しくはありません)

SIRIUSテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください。
 この記事をシェア 
キャプチャ画像